サプリ

妊娠に必要な栄養成分とは

葉酸はほうれん草などの野菜やレバー、豆類に含まれている栄養成分で、細胞分裂やDNAの合成を促したり、血液をつくったりする働きをしています。また、赤ちゃんの先天性異常の病気を予防する働きがあり、妊活中や妊婦には欠かせない栄養成分です。

お灸

痛くない治療 

大阪で不妊に悩んでいる夫婦から注目されているのが不妊鍼灸です。鍼灸というと痛かったり熱かったりするのではという声は多いですが、非常に高度な治療を行っているので心配する事は全くありません。安全に不妊治療を受けられます。

鍼灸

妊娠するためには

不妊で悩んでいる人に有効なのが鍼灸院です。鍼灸院の施術で直接妊娠につながるような効果は期待できませんが、妊娠しやすい体作りには最適な施術方法です。薬を服用する、毎日通院するといった負担も少ないので、不妊に悩んでいる人は、鍼灸院の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

レディ

移植前にできること

着床前診断では受精卵の染色体異常の有無を移植前に調べることができます。初期流産や着床失敗の原因の多くは染色体異常によるものです。着床前診断により、母体への精神的・身体的負担が軽減されることが予想されます。

健康な子供を産むために

女医

遺伝子異常をチェック

健康な子供を生み、丈夫に育ってほしいと考えるのは、どの親も望むことではないでしょうか。着床前診断は、体外受精を行う際に着床前の受精卵の段階で、遺伝子などに異常がないかをチェックする方法です。遺伝子異常や流産を減らすことを目的に、着床前診断が検討されています。事前に調べることで、出産の確実性が増します。生まれてくる子供の無事を願う両親にとっては、素晴らしい診断方法のように思えます。ただ、着床前診断で問題になるのが、命の選別や男女の産み分けにつながってしまうということです。きわめて倫理的な問題です。「元気な子供さえ生まれてくれたら、それでいい」という単純な問題ではなさそうです。着床前診断が定着してしまえば、本来の使い方ではない方法を選択する人が出てくるということでしょう。ほかに、男女の産み分けも可能になります。これも、賛否両論あります。さらに、現在の医学では、着床前診断の結果が100%の確率でないことから、間違った結果が出てしまうおそれもあるようです。また、着床前診断にかかる費用が高額であることなども、問題としてあげられています。しかし、着床前診断に大きなメリットがあることには間違いありませんから今後、着床前診断に期待されることは、もっと金額が安くなることでしょう。さらに、診断の精度が100%に近づくようになれば、この診断方法を支持する人がもっと増えるように思います。医学の進歩に期待しましょう。

Copyright© 2017 着床前診断を利用して染色体異常を発見しよう【流産が回避できる】 All Rights Reserved.